読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Heptares therapeutics」へ長期投資。目指せ世界のメガファーマ!

そーせい大好きサラリーマンがそーせい(+長期投資対象銘柄)について真面目に語ります。そーせいは売ったことがない俗に言うアホルダー です(°∀°) そーせい、Heptares、JITSUBO、アクティバス含め、メガファーマになるまで応援したいと思います!

PAR2の共同研究natureに!

Heptaesがまたしてもやってくれました!アストラゼネカとのPAR2の共同研究でnatureに載りました(°∀°)

昨日のお知らせを読んでいると、かなり苦戦しつつもいいデータを得てるようです。しかも、

アストラゼネカの研究者の説明だと、アストラゼネカのスクリーニングで得られた興味深い2薬剤は低分子のようですので、パイプラインの抗体とは直接的には無関係ですが、この抗体も本研究の中で取得していると考える方が正しいでしょう。

 

しかも、この低分子もパイプラインにそのうち登場するということでしょう!

 

他の共同研究も進捗が出てくるのではと思うと、すごい会社だと改めて感じます(°∀°)(°∀°)✨

HeptaresがAZD4635 (HTL - 1071) の進捗によりAstraZeneca社から約13億円のマイルストンを受領!

ウルティブロン米国販売のニュースがあったにもかかわらず、そーせい売られています。ただ、本日予想外のIRがありました。引用して復習と分析です(・∀・)

 

当社は、子会社Heptares社がAstraZeneca社とのがん免疫療法領域での提携において、各種がんに対する新規候補治療薬であるAZD4635 (HTL-1071)の開発で重要なマイルストンを達成いたしましたので、お知らせいたします。この結果、Heptares社は本日、AstraZeneca社より12百万米ドルのマイルストンを受領することになります。
 →重要マイルストンとあります。なかなかいい書きっぷりでスタートです(・∀・)


AZD4635は経口投与可能で強力かつ選択性の高い低分子のアデノシンA2A受容体拮抗薬で、Heptares社が研究開発を行い、2015年にAstraZeneca社にライセンスを供与いたしました。 
 →経口投与可能強力かつ選択性の高い低分子・・・ほとんど線を引いてしまいました(笑)でも、これも今後の開発戦略と他のがん免疫療法との差別化に重要です。


AZD4635がアデノシンによるT細胞の機能抑制を解除し、T細胞の抗腫瘍免疫性を高めることを明確に示した前臨床試験が成功したことを契機に、このたびマイルストンが発生します。単剤で使用した場合や抗PD-L1チェックポイント阻害剤と併用した場合に、AZD4635によりA2Aシグナル伝達を遮断すると、腫瘍の増殖が低減することがわかりました。このたびの前臨床試験の結果については、American Association of Cancer Research(米国がん学会)年次大会(2017年4月1~5日;米国ワシントンDC)のポスターセッション(アブストラクト番号5580)でHeptares社とAstraZeneca社の科学者により本日発表の予定です。
 →T細胞の抗腫瘍免疫性を高めることを明確に示した前臨床試験が成功したことを契機に・・・とあり、さらに単剤で使用した場合や抗PD-L1チェックポイント阻害剤と併用した場合に・・・どちらにおいても有効性が確認されているので、使用用途が広がりますし、現在のP1にもプラスのデータです。HeptaresとAZの両方で発表といのもいいですね(・∀・)


AZD4635は、固形がん患者での単剤治療として、また、AstraZeneca社のdurvalumab(抗-PD-1L抗体)との併用治療として、第I相臨床試験を現在実施中です。 
 がん細胞は、免疫システムを回避するメカニズムを獲得するよう進化しており、これにはアデノシンと呼ばれている天然の抗炎症分子を産生することによる回避メカニズムも含まれます。)
 →AZはがん免疫の候補物質をまだまだ広げるでしょうから、さらなる併用にも期待です。
 
Heptares社ならびに当社チーフ・サイエンティフィック・オフィサーであるFiona Marshallは次のように述べています。
「このたびの前臨床試験の結果はとても胸が高鳴るもので、A2Aシグナル伝達を阻害することで、がん細胞が免疫システムから回避するのを防ぎ、チェックポイント阻害剤の作用を受けやすくするための魅力的なメカニズムであることを裏付けるものです。本年末頃に予定しているAZD4635の第Ⅰ相臨床試験の結果を心待ちにしています。」
→ 前臨床試験の結果は胸が高まる・・・魅力的なメカニズムであることを裏付ける・・・第Ⅰ相臨床試験の結果を心待ちにしている・・ ここまでフィオーナが興奮している発言は見たことないですね。これは本気で喜んでいるんだと思います。科学者としても奮い立たされるデータだったんでしょう!(・∀・)


本売上は2018年3月期に計上されます。

→正直で結構!これが大事!!(・∀・)

 

こうやって読んでみると、やっぱりHeptaresはすごいぜ。そろそろ、前の勢いを取り戻すでしょう!今回の内容は励まされるものでした(・∀・)

 

がんばれ~。Heptares、そーせい!!

このブログ

みなさん、こんにちは。

 

今日は、昨日の下げを取り戻すアゲアゲで、底値を形成したかな?と期待しました。でも、楽観視は注意です。JPモルガンは株数を増やしてきてますので、この下げ相場、やはり我慢限界の個人が一杯食わされてるのではないでしょうか?

 

このブログを始めてそんなに時間もたってませんが、多くの方に見ていただけるようになってとても嬉しいです。そーせい、ヘプタレスなどの魅力をみなさんに知ってもらうのが主目的ですが、それ以外に自分にガチホを言い聞かせる日記みたいなものです。おかげさまでこれまで売ったことはなく、さらに保有株数を増やすのみです。

 

そーせい応援団のみなさんとこれからも一緒に応援していきたいですね(・∀・)

 

 

M1アゴニスト(Mシリーズ)

先週の金曜日は色々と思うとこありましたが、そーせい、特にHeptaesの適時開示を見ていると、そんなのどうでもよくなりました。笑 短期的な視点の方々は先日かなりいなくなったでしょうし、明日さらに減るのではないでしょうか。。。(´・ω・`)

 

改めて、M1アゴニストについて見てみると、HTL9936、HTL18318ともに安全性は言うまでもなく、効果に関してもかなり期待できると考えています。さらにADはフィオーナの専門領域ということもあり、かなり思い入れもあると思います。MRC等々イギリスの重要機関も注視している最重要パイプラインだと思います。

巷にはM1の行方を心配する意見もありますが、(出所もよくわかりませんが)どんと構えて応援するのみです。

 

明日は勝負しようと思います。みなさん、これからもそーせい、Heptaresを応援です。

(・∀・)

Heptaresの成長を祈って!!それから・・・

抗議も込めて、ブログの題名変えました。

 

そーせいのホームページが今のに変わった時には、変わったな~って感動したんですが・・・

 

今夜は、ヘプタレスの調査を再開しようと思います。取得単価が上がるのをためらってましたが、こうなったら、そーせい比率を倍にすることも考えます。

ヘプタレスの技術・価値は、衰えたわけではありません!!(*''▽'')

 

 

第一三共との共同研究契約の締結

みなさま、本日は大幅な下げで何とも気が滅入った一日でしたね笑

 

一方で、引け後に

第一三共と子会社Heptares社、疼痛治療にむけた 新規低分子治療薬に関する研究・開発」との適時開示がありました。

 

本提携において、Heptares社は第一三共が指定した単一のGPCRをターゲットとして新規低分子治療薬の探索を担い、第一三共は当該治療薬の開発・製造・販売の権利を取得します。本提携により、Heptares社は契約一時金4百万米ドルと、今後約8百万米ドルの研究支援金を受領いたします。加えて、研究開発・販売に関するマイルストン及び新薬の純売上高に応じたロイヤリティを受領することになります。

 

とのことで、契約一時金、4億6000万円程度、研究支援金、9億2000億円程度です。武田に続き、国内2社目の提携ということで、個人的に評価できます。国内製薬でHeptaresと提携できる能力のある会社はそうそうないと思いますので、第一三共という名前を聞いても正直驚きませんでした! 国内中堅では正直力不足です。

 

領域は疼痛ということで、パイプラインを見るとアストラゼネカとの提携で疼痛領域が含まれていますが、それ以外のパイプラインにはないようで、標的の重複を避けられるのではないでしょうか。自社製品の導出に加え、このような標的委任型の提携もバランス良く行ってもらいたいです。

 

今回の提携を想定していた人はいないのではないでしょうか?このような提携が突然出てくる。それが今のHeptares、そーせいの魅力ですね!

 

上げ下げも楽しめるくらいの心の強さがいるんですかね~笑(・∀・)(*''▽'')(・∀・)

 

そーせい軟調~(´・д・`)

皆様、お久しぶりです。

 

そーせいの株価が軟調です。イライラしている人、実際に文句を言った人。いるでしょうか??確かにいい気分ではないですね。株価が下がると、信用倍率が悪化してしまい、悪循環を招いています。

 

ここに来て、IRの対応不足との指摘もTwitter、blogなどで発信されていますが、個人的にはそーせいのIRは悪いとは思えません。

特許情報をたくさん垂れ流したとしても、そんな情報ばっかりで何もない、他にないのかと言われるのが目に見えます。いらつきをどこかに向けたいのは分かりますが、ビジネス関係を無視するのはナンセンスだと思いました。仕事関係で言えないことってたくさんありますよね~。

 

パイプラインの進捗は順調です。更なる成功を目指して、そーせいの割合を増やす。やはり、自分はそーせいマニアだと思いました。誇りですけどね!(°∀°)(°∀°)、