読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Heptares therapeutics」へ長期投資。目指せ世界のメガファーマ!

そーせい大好きサラリーマンがそーせい(+長期投資対象銘柄)について真面目に語ります。そーせいは売ったことがない俗に言うアホルダー です(°∀°) そーせい、Heptares、JITSUBO、アクティバス含め、メガファーマになるまで応援したいと思います!

Heptares&Jitsuboの提携

今日は昨日のトランプショックの全戻しのロイヤルストレートフラッシュは、言い過ぎで、フルハウスくらいですかね。ただ、本日は嬉しいニュースがありました。

 

HeptaresとJitsuboが提携。StaRを用いたペプチドの探索です。対象は重篤な消化器疾患とのこと。ペプチドならではの差別化に期待です。そーせいがHeptaresを買収していなければ間違いなく出会わなかった組み合わせです。 さらに嬉しいことにHeptaresのHPにも載っています。  これでJitsuboの名前も世界に広がるでしょう!

 

Jitsuboにも大型提携あるかもですよ。これは❗(°∀°)(°∀°)(°∀°)

アラガンとアストラゼネカ

本日、アラガンの決済日。

 

自社株買いの拡大で$10billionって本当!?すげーやることがでかいです(°∀°) ゆっくり決算見てみよう。

 

また少し前ですが、アラガンがアストラゼネカの免疫事業を買収すると発表。メドイミューンの候補物質もアラガンに移動とのこと。アラガンにヘプタレスのStaR由来の抗体が移った可能性もありますね。さらにアラガンとのつながりが増えたかもしれません(°∀°)(°∀°)(°∀°)←IL23抗体の権利とのことで訂正します。

 

では、また!!

よく下げますね。こんな日は妄想。

ここ最近、よく下げますね~。しかも今日はどっさりと来ました(笑)

 

ここまでくると、どこかの製薬会社への第三者を想像してしまいますよ~(°∀°)

 

それかメタップスのようにファイザーがいつの間にか追加取得していて資本提携の強化!これくらい想像してもバチは当たらないでしょう!MAX10個も担当するんだから、追加してよ~(°∀°)(°∀°)(°∀°)

Heptaresのパイプラインその2

Heptaresのパイプラインにクッシング病とありますが、これがそーせいの自販の可能性のある希少疾患薬でしょうか?リサーチしてみましょう。

 

その下に炎症性腸疾患と肺高血圧も載ってますね。これらの標的はいつ開示となるのか!WAVE2の進捗にも期待してます!

(°∀°)(°∀°)(°∀°)

ヘプタレスのパイプライン

最近のニュースと言えば、ヘプタレスがOBNのBest Established Biotech Vompany Awardを受賞したことでしょうか。これはヘプタレスの研究開発の質の高さを証明するものであり、さらに今後の戦略を有利に行う上でとても大事だと思います。 これをさらりと流してしまう、ヘプタレス、そーせいの懐の深さを感じました(°∀°)

 

で、問題のヘプタレスのパイプラインですが、このパイプラインはほとんどが、かなりの確度で達成可能なものであると個人的に思っています。言わば、チャレンジングなものがないのです。それぞれ一つ一つが大きいので分からないですが、かなりの保険をかけたパイプラインとも言えます。

よって、ここにチャレンジングなパイプラインがさらに乗ってくる可能性は高いと思っています。それは単独か提携かは分かりませんが、既に考えられていると思います。

ヘプちゃん、頑張ってよ~(°∀°)(°∀°)(°∀°)

フィオーナ。

今日のフィオーナはTwitterでよく呟いてます。学会とか行ってるのかな?

 

MC4ちょっとだけ調べてみました。

ペプチドホルモンで食欲に関わっていると。この手の対象は食欲増進にも抑制にも広げられるので、いいですね。でも、食欲に関しては、他にも違う機構の標的が調べると出てきます。低分子が難しいのなら、ペプチドでも。

 

JITSUBO!(°∀°)(°∀°)(°∀°)

アルツハイマー。

そーせいは横横ですが、特に気にしてません。

 

それよりも、メガファーマがアルツハイマーに対して色々と、メッセージを送ってます。原因要因、つまり標的分子は、様々あれど、M1は他の分子との併用効果が抜群であると思いますので、早期に上市を願っています。

M1は、初期から後期まで、アルツハイマーに対して、有効な標的であると個人的に思っています。