「そーせいグループ」へ長期投資。目指せ世界のメガファーマ!

そーせい大好きサラリーマンがそーせい(+長期投資対象銘柄)について真面目に語ります。そーせいは売ったことがない俗に言うアホルダー です(°∀°) そーせい、Heptares Therapeutics、JITSUBO、Activus Pharma、G7 therapeutics、Pluristem Therapeutics、MiNA Therapeutics。みんな一丸となってメガファーマを目指す!!

そーせいの強み

ここ最近調整続きですが、株主が入れ替わってるようですね。どこかの政府系の資金や年金投資のような安定株主が増えることを期待します。

そーせいの強み。何と言っても、ヘプタレスのstaRですよね。単に強みと言っても色々ありますが、プラットフォーム型技術と言うことです。
もちろん、ペプチドリームやカイオム、世界で言うと、リジェネロン、モルフォシス、カイマブなどもプラットフォーム技術を持っていますが、これらが医薬品候補を提供するのに対して、ヘプタレスはGPCRなどの標的を提供することに違いがあります。
よって、全ての会社はヘプタレスのstaRを使うことによって自分達の技術をさらに活かすことができる、winwinな関係なんですね(^_^)
現にリジェネロン、モルフォシス、カイマブは提携してますし。

後、ヘプタレスには臨床試験に通じている人員も多くいそうです。これも日本のベンチャーとは違う点です。まさに欧米型のベンチャーですね(°∀°)

辛い日が続いてますがそんな時は、そーせいの技術、パイプラインを思い出してみると安心できますよ~(°∀°)