「そーせいグループ」へ長期投資。目指せ世界のメガファーマ!

そーせい大好きサラリーマンがそーせい(+長期投資対象銘柄)について真面目に語ります。そーせいは売ったことがない俗に言うアホルダー です(°∀°) そーせい、Heptares Therapeutics、JITSUBO、G7 therapeutics、Pluristem Therapeutics、MiNA Therapeutics。みんな一丸となってメガファーマを目指す!!土台はそろそろ完成かな。これから猛攻開始ですよーー(*'▽')

2018年スタート!今年注目はやっぱりM1作動薬

明けましておめでとうございます!2017年のそーせいは辛い状況ばかりでしたが、忘れて、2018年に期待しましょう(°∀°)

 

その中でもやはりM1作動薬には注目です。レビー小体認知症のP2開始が見込まれます。アルツハイマー認知症含め、これらの上市はかなりの確率で得られるものと思われます。

 

アリセプトの前例があり、その問題点をstaR技術でしっかりと解決している。

・特に副作用回避に関してはP1で試験で既に実証できている。

・9936のP1試験において健常者ではあるが脳の活性化を確認できている。

・キサノメリンの過去データもPOC取得に関して後押ししている。

アリセプト併用群も試験に含まれている。レビー小体は単剤だが、そもそもコンセプトは単剤でオッケー。

・アラガンと18318も選択肢に入れ、慎重に開発計画を立てている。

・早期承認制度が適用されれば、承認取得可能性が高まり上市時期がかなり前倒しされる。

 

などなど、細かいことは色々とありますが、主要因だけでも確度はかなり高く、個人的な感覚として、75%はあるのではないかと、考えてます。そんなに高く見積もるのはバカだと言われそうですが、色んな要因が支持していると思います(°∀°)

 

ただ、何があるのか分からないのが、医薬品開発。最悪のことも考える必要はありますが、重厚なパイプライン、技術があるので様々な戦略がとれるでしょう!

 

他のパイプラインに関してももう一度見直したいですが、多過ぎて大変です(^_^;)日々勉強したいと思います。

 

今年もよろしくお願いします!(°∀°)(°∀°)(°∀°)✴️