「そーせいグループ」へ長期投資。目指せ世界のメガファーマ!

そーせい大好きサラリーマンがそーせい(+長期投資対象銘柄)について真面目に語ります。そーせいは売ったことがない俗に言うアホルダー です(°∀°) そーせい、Heptares Therapeutics、JITSUBO、G7 therapeutics、Pluristem Therapeutics、MiNA Therapeutics。みんな一丸となってメガファーマを目指す!!土台はそろそろ完成かな。これから猛攻開始ですよーー(*'▽')

のみながら、個人投資家説明会を再確認

ピーターとティムのプレゼンを再確認しました。

酔っ払いでも気になったのが以下。

 

・GSKとの関わり合いが親密
・日本で年内にPOC試験(やはり日本をやたら強調してる)
・阪大とのレビー小体でのコラボ
・レビー小体はパーキンソンにも見られる→治験が進んでる薬剤もパーキンソンも対象としていることが多い。
・PDD パーキンソン→DLB PDDでも効果あると思う
・やはり資料P.12は怖い パレイドリア→これは自分も怖いぞ
・DLBは日本が世界のリーダー→先生も来てる
・バイオマーカー DatSCAN
睡眠障害を引き起こす→最近エーザイの薬剤もあった
・日本で作ったデータを世界の承認申請に使える→ブリッジング。今日Twitterで書いた通り。
・昨今の治験は全て失敗。当局はバリアを排除して協力したいと考えてる。
・DLBにM1作動薬が効く理由
 リリーの事例 キサノメリン ほかの会社はできていない 18318
・当局も企業と協力したいとの追い風
・これまでHeptaresはブリッジングスタディーで安全性を確認してる。

 

などなど。やはり何度聞いても、18318の可能性はかなり高いです。株価は冴えませんが、次のM1関連のニュースは転換期になると思います。日本が高い知識を持つDLBに対して日本初の世界的ベンチャーが日本で初の承認を得る。この機会に株主として立ち会いたいと思います。

皆さん、つらいことも多いですが、その時を待ちましょう!!