「そーせいグループ」へ長期投資。目指せ世界のメガファーマ!

そーせい大好きサラリーマンがそーせい(+長期投資対象銘柄)について真面目に語ります。そーせいは売ったことがない俗に言うアホルダー です(°∀°) そーせい、Heptares Therapeutics、JITSUBO、G7 therapeutics、Pluristem Therapeutics、MiNA Therapeutics。みんな一丸となってメガファーマを目指す!!土台はそろそろ完成かな。これから猛攻開始ですよーー(*'▽')

パイプライン戦略について自分なりの思い

ちょっと、異常なくらいの下落で気分が害されているが、落ち込んでるくらいなら、自分の持ち物を調整して、かつてよりも潜在価値が飛躍的に高まったそーせいを自分の信念を貫いて、増やしました。そーせいが失敗するときは、世界の医薬品産業が失敗する時という考えは今も変わりません!!

さて、この前の株主総会でピーターより自社開発戦略が強調されていました。そして「挑戦なくして成果なし」のフレーズ。これはダサい。日本の担当者が安倍さんからインスパイアされたのか知らないけど、痛みが必要というメッセージも滲み出て、イマイチ。

 

で、マイナスコメントはそれくらいにして、バランスの良いと思う妄想をしてみようと思います。

共同開発・導出型

・M1、M4、M1M4のアルツハイマー適応→アラガン

・A2A+チェックポイント阻害抗体との併用×2→アストラゼネカ

・複数ターゲット:疼痛適応→第一三共

・複数ターゲット(最大10種)→ファイザー

・数ターゲット→モルフォシス

・複数ターゲット(PAR-2含むペプチドによる炎症性疾患治療薬)→ペプチドリーム

・複数ターゲット(がん免疫療法)→kymab

という枠組み。これは、これでいいのでどんどん相手先と協力して進めてもらいたい。

 

問題は、自社開発品

・M1(日本でのDLB適応)

・mGlu5NAM(神経性疾患:ALS、ジストニア

・CGRP受容体拮抗薬(片頭痛

・SSTR(クッシング症候群)

・GLP-1(高インシュリン血症)

・GLP-2(短腸症候群)    が総会資料にあるもの。これに加え、

・OX-1受容体拮抗薬(各種依存症)

・OX-2作動薬(ナルコレプシー

・PAR-2抗体(アトピー、炎症性疾患) の計9種類となります。

 

これらのパイプラインを全て自社でやるのは相当きついと思いますので、ちょっと考えてみます。

 

・M1(日本でのDLB適応)

→既に治験登録も終わり、患者リクルートを待つのみ。日本国内に限定されているし、阪大との提携もあるので自社単独で可能と思います。早くP2を開始してもらいたい。販売委託はエーザイさんに任せてもいいかもね。

・mGlu5NAM(神経性疾患:ALS、ジストニア

→神経性疾患は多くの会社が注力し始めた分野。特にALS、パーキンソンは競合が増えつつあると思いますので、メガファーマに導出を検討してほしい。理想としては、ファイザー、バイオジェン、武田、大塚、田辺三菱など。

・CGRP受容体拮抗薬(片頭痛

→テバからデータとともに権利が戻された一品。最近はCGRP抗体のP3データがたくさん出つつあり、全ての抗体で片頭痛にとてもよく効くようです。つまりPOCが証明されているターゲット。HEPTARESの低分子の前臨床データとP1安全性データとともに考えると間接的にPOCは取得できていると思う。抗体が市場に出ることでマーケットが形成されます。将来そーせいはこのマーケット内でいかに販売するかになります。抗体を投与するとなると、やはりある程度重症な患者さんになるものと思われますが、そこまで重篤でないものの、片頭痛に悩まされている患者層はたくさんいます。その患者さんに対して低分子でニーズを満たす作戦と抗体の患者層を奪うことができれば、ブロックバスターは軽く達成し、数千億円もあり得るものと考えます。ただ、マーケットを占領するには自社開発でなく導出をすべき。理想としては、テバ以外でCGRP関連の抗体を開発している、リリー、アムジェン、アルダーですが、日本はアステラスに販売してもらえる、アムジェンが一押しです。

・SSTR(クッシング症候群)

・GLP-1(高インシュリン血症)

・GLP-2(短腸症候群)

→これらの疾患は潜在患者数が少ない、いわゆるオーファンドラッグとなるため、自社開発しても良いです。ただし、海外での戦略は導出が好ましいかもしれません。他社との国際同時開発という選択肢もいいですね。後は、国の承認制度システムを有効に使うのも手だと思います。海外で提携するならば、サノフィ(ジェンザイム)、シャイアー、アレクシオン、GLP-1はノボなどがいいかなと。シャイアーなら日本は武田へ販売委託できるかもしれませんね。

・OX-1受容体拮抗薬(各種依存症)

→依存症は臨床試験がとても難しいと思いますし、海外市場を狙わないと意味がないと思いますので、導出しかありえない。財団の補助金等も獲得できているので、相手先は見つかると思います。提携先は、ファイザーヤンセンファーマ、ルンドベックなどがいい。

 

・OX-2作動薬(ナルコレプシー

睡眠障害系も難しい疾患の1つ。ナルコレプシーも海外戦略が重要なので、間違いなく導出一択。提携先は、ファイザー、MSD、ルンドベック、武田薬品

・PAR-2抗体(アトピー、炎症性疾患)

→疾患が超競争領域になりますので、メガファーマでないと無理です。提携先は、やはりGSK、ロシュ、ノバルティス、アッヴィ、アムジェン、ヤンセンBMS辺りですね。

 

という風に、色々と勝手に書いてきましたが、書けば書くほど、将来のメガファーマへの道のりが想像できます。ただし、研究開発への投資戦略は重要です。導出すべきパイプラインは出口戦略をしっかりと見据え、展開すべきと思います。メガファーマで指揮を執ってた方々が集まっているそーせいであれば問題ないとは思いますが、くれぐれも天狗にならないように、謙虚に進めてもらいたいものです!

 

それ以外にも解析済みの構造はたくさんあるようですので、突然出てくるものにも期待しています。

 

もくもくもっくん。